クレジットカードには年会費がかかるものもある

クレジットカードの説明に入会金・年会費無料と記載されているものをよく見かけますが、基本的にどのカードであっても入会金はかかりません。

年会費に関しては永久無料、条件付き無料、有料のカードがあります。サブカードのような利用頻度の少ないものは永久無料のカードが適しています。
クレジットカードはカードの発行や管理、サービスの提供で費用が掛かるので、これを補うために有料にしたり、利用額を多くするために条件を付加したりすることがあります。



例えばゴールドカードなどは年会費が高額になりますが、用途が合っていれば様々な便利なサービスを受けられます。

そのため、年会費が無料のカードが良いというわけではなく、サービスの内容と合わせてどのカードが自分に向いているのか比較しましょう。



クレジットカードの年会費は利用代金と同様に口座から引き落とされるので、年会費だけ支払いを拒否することはできません。



支払いたくないときは年会費が発生するよりも前のタイミングでカードを解約します。このとき、残債があると一括で支払うことが多いので注意します。

なお、年会費が初年度無料で以降は有料となるカードについて、初年度の間に解約しても問題ありません。
これはお試し期間のようなものなので、カード会社も解約されることは想定しています。

ただし、特典目的で発行してすぐにカードを使うことなく解約していると、以降のクレジットカードの審査で特典目的であると思われ、通りにくくなる危険性があります。