クレジットカードの審査について

クレジットカードを持つためには、申し込みをする必要があります。申し込みをすると、その内容をもとに、審査が行われます。



そのため、申込書に虚偽の記入があった場合には、審査に悪影響を与える可能性があります。

審査の段階では、信用情報機関への登録状況が参考にされます。

そのため、信用情報機関に登録されている内容によっては、審査を通過することが出来ない可能性があります。
また、申込から信用情報機関への登録状況の確認、カード会社独自のチェックについては、自動で行われることが多いため、審査時間は大幅に短縮されています。

クレジットカードの審査で確認されていることとしては、大きく3つの項目があるとされています。


それが、資力・性格・資産です。
資力については、職業や雇用形態、年収、借入額などが参考にされ、安定した収入、返済能力を備えているかをチェックされます。



そして、性格とは既に他のクレジットカードを所有している場合には、その利用履歴などを確認し、支払い遅延の有無などをチェックすることで知ることが出来るようです。



もし、支払い遅延が何度も行われているような場合には、返済が遅れる可能性があると判断され、審査を通過することが出来ない可能性が高まります。資産とは、返済時の担保となりうる不動産などを所有しているか否かをチェックするものです。


これらの項目はスコアリングされており、コンピューターが自動的に判断していることが多いようです。