クレジットカードの不正利用に備える

クレジットカードは不正利用される危険性があるので、備えておく必要があります。


盗難保険があると言っても過失があれば適用されず、適用された場合も再発行に関連する手続きが必要になります。



インターネットでクレジットカードを利用するときはオンラインプロテクションのあるカードが安心です。



通常の盗難保険ではフィッシング詐欺でカード情報を取られた場合に適用されない可能性がありますが、オンラインプロテクションであれば適用されます。
まだ付帯していないカードもあるので、確認してから発行しましょう。

スキミングにも注意が必要であり、これも状況によっては不正利用にならないことがあります。

国内であればクレジットカードを客の目の前で端末に通しますが、海外では視界に入らない店の中に持って行かれてしまうことがあります。

そのため、スキミングに強いICチップが使用されているカードを使った方が安全です。ただし、100%防げる保証はないので、できるだけ体から離さないように心がけましょう。
クレジットカードを再発行した場合、カードの番号が変わるので、今までカード払いとして情報を記録していたものに関しては番号を更新しないと引き落としができなくなってしまいます。

例えば携帯電話の料金が引き落とせなかった場合に、支払うまで利用停止されるなどの罰則があり、一時的でも不便になります。



更新し忘れることがないように、どこにどのカードを指定しているのか記録しておくと良いでしょう。