クレジットカードの基礎知識

現在、何か物を購入したときの支払いの方法はさまざまありますが、多くの人が現金かクレジットカードの決済をすることでしょう。


特に最近では、ネット通販等を利用する人も多くなっているため、クレジットカードを持っていると買い物がとても便利に行うことができます。

そもそもクレジットカードとは、クレジットが信用という意味である通り、商品を購入した際に自分に変わって料金を支払ってくれるシステムのことです。



そして、クレジットカード会社は、後から利用した分の料金を請求するのですが、信用の度合いによって立て替えてくれる代金は変わってくるのです。

そのため、当然無職の人は信用が低いため、利用できる金額は少なくなるのです。

では、カードを持つことのメリットとはどんなことでしょうか。



いくつかありますが、例えばポイントがたまったり、カードを持っているだけで受けられる特典があったり、現金がないときでも買い物ができる、当月に現金がなくても、翌月に繰越して買い物ができる、インターネットでの支払いが楽になる、海外でも利用できる等があります。

逆にデメリットとなるのは、セキュリティに不安があることや1~2回払い以外には手数料がつくこと、審査によってはカードが作れないこと等があります。

以前であれば、カードを使える場所も限られていましたが、最近ではさまざまなシーンで利用することが可能になってきています。

スーパーでも3000円以下の買い物のときにはサインが不用だったり、コンビニや新幹線のチケットを購入するときも、券売機で利用できるようになるなど、ますます便利に使うことができるようになっているのです。