クレジットカードの審査を通るには

お買い物や光熱費の支払いになどに利用できるクレジットカードは、大変便利なものであり、現代人の生活にとって、もはや欠かせないものだといえるかもしれません。
クレジットカードを作ろうとしたが、審査に通らず、発行できなかったという場合、どのような理由が考えられるでしょうか。


クレジットカードの審査に通らない理由として、まず過去に他のクレジットカードの支払いについて、遅延を発生させたことがある、という場合が考えられます。



カード会社は支払いの遅延についての情報などを共有していますので、他社で何らかのトラブルなどが合った場合、発行が難しくなります。



また、消費者金融を利用している場合にカードの審査に通りにくくなったり、すでに複数のカードを所持していると、全体の利用限度額などから、発行ができないと判断されることもあるようです。


その他の理由として、引っ越しした直後である場合、カード審査に通りにくくなってしまいますので、注意が必要です。

審査に通るためには、複数のカードを所持している場合、使っていないものについて契約を解消すること、そして引っ越しした直後には申し込みをするのを避けて、しばらく経過してから審査を受けること、などが対策となります。

また、申込書の記載に誤りがあった場合、しっかりと書き込まずいくつも空欄を残したまま提出する、などの行為も、審査に落ちやすくなる理由となります。



申込書には正確に、そしてできるだけ丁寧に詳しく情報を書き込んでから提出しましょう。