クレジットカードの家族カードのみの解約について

クレジットカードを所有している本会員の家族が持つことが出来るのが、家族カードです。


家族カードは、原則、審査がありませんので、誰でも持つことが出来るとして、専業主婦や学生が持つことが多いようです。この家族カードを解約したいという場合、家族カードのみを解約することは可能です。



手続きの方法としては、カード会社に問い合わせをすることで、簡単に行うことが出来ます。
しかし、家族カードを解約するという場合には、家族会員ではなく、本会員が行う必要があります。

その理由としては、家族カードは、家族会員の名義となっており、利用するのも家族会員ですが、あくまでも本会員の付属カードという位置づけになっています。



そのため、解約する時には、家族会員ではなく、本会員が行う必要が有ることがほとんどのようです。


家族カードを解約した場合、手続きを行った時点でそのクレジットカードは利用することが出来なくなります。その為、カードはそのままにせず、ハサミやシュレッダーなどを利用して、裁断してから処分するようにしましょう。



ただし、最近のクレジットカードには、電子マネー機能が付いている物もあります。

クレジットカードとしての機能は解約した後も利用することが出来ますので、残高やポイントを確認した上で、残高があるようであれば、使い切ってからカードを処分するようにしましょう。

電子マネーの払い戻しは行うことが出来ませんので、処分する前には必ず確認をしましょう。